永遠の少年もっきーの、
主観的で個人的な日記です。
土足厳禁!!
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
ついったー
ブクログ
ヘルスプラネット
お得意様ランキング

あなたのサイトにリンクを張って、たくさんのお客さんを連れて来てくれると、上位にランキングされます☆いっぱいリンク張ってね♪
俳句ブログ
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
【うめ吉】レイアウト変更

うめ吉はだいぶ大きくなったので、今の水槽(衣装ケース)に滝(テトラ ロックフィルター)を入れてると、餌場に来たときにUターンができなくなってしまいました。

そこで、思い切って滝を撤去。
うめ吉は滝を気に入ってよく見学に行ったりしてたんだけど、もっと大きな水槽を見つけるまでの辛抱です。

でも、水って動かさないと腐りやすくなるんだよね。
なので、前にメダカの水槽で使ってたエアーポンプを投入。
これで水は動くようになったし、広くなりました。
後はうめ吉が気に入ってくれるかどうか…



最初は、植木鉢のシェルターを入れたときみたいに管に噛み付いたりしてちょっと心配だったけど、そのうち泡の下に潜ったり泡から首を出して遊んだりするようになりました。

ちなみに、泡が多いのはバクテリアが多いときです。
水換え直後はこんなに泡は出ません…





2013.02.11 Monday 00:01
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】ダラけ過ぎな尻



ダラけ過ぎな尻。
足も尾も水に浸かっちゃってるよ…



…見たな?



2013.02.10 Sunday 00:57
ニホンイシガメ comments(0)
うめ吉の寝顔
うめ吉の寝顔。

一瞬、ビタミン不足(紫外線不足?)で目が腫れる例の病気になってしまったかと焦るけど、まぶたを閉じてるだけなのです(^-^;)


寝たまま空気を吸って…


最近の爆睡スタイル。


2013.01.03 Thursday 00:19
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】冬眠2012まとめ

うめ吉のことを書いた最後の日記では、「冬眠させるつもりなので…」とか書いていたのですが、その後のことを書いておきます。

夏の間、ずっとベランダ飼いしていたうめ吉ですが、10月に入ると、だんだん餌を食べなくなり、10月半ばになると、まったく餌を食べなくなりました。
そのくせ、元気がないワケでもなく、いつも通り動き回っていました。

少しでも太陽が出ると、太陽の向きや影のできる場所をよく観察して、日の当たる場所を選んで甲羅干しをする毎日。



ユリノキ公園で落ち葉を拾って、冬眠用の寝床の準備を初めました。
集めた落ち葉は、アク抜きの為に水に浸けたり、洗ったりしました。



うめ吉にも、葉っぱに慣れてもらったり…



で、いよいよ土を準備して落ち葉を敷いて、水槽に入ってもらったんだけど…



どうも落ち着かないらしく。
というか、沼。
うめ吉がどんどん沈んでいく〜(((°艸°;)))

どうやら、あたしが買ってきた培養土は、田んぼの土じゃなくて畑の土なんですって(´д`;)
で、改めて赤玉土を買い直し、田んぼを作りました…



水を入れると沈澱し、うめ吉も歩けるようになりました。





ところが…
既に時は遅く。

餌を食べなくなってからずっと何週間も動きまわっていた為、120gくらいあった体重は100gを切ってしまい、代謝を下げているため皮膚病にもかかってしまいました。
慌てて病院へ連れて行ったところ、とても冬眠なんてできる状態ではないとのこと。
先生曰く、冬眠させる予定があれば、夏から秋にかけてカロリーの高いキャットフードなどを食べさせて、もっと脂肪をつけないといけないそうです。

すぐに加温飼育に切り替える為、新しい水槽(土が目一杯入っちゃってるから!)と、ヒーター、赤外線ランプ、ビタミン剤、栄養価の高いキャットフードなどを購入。



ところが、そんなに簡単に餌を食べてはくれませんでした。
一度代謝を下げて冬眠モードに入ってしまったので、なかなか元には戻りません。

そこで、お夕飯のときに、イナダのお刺身を千切って与えたところ…やっと食べてくれました!
その後、お寿司屋さんへ行ってもうめ吉用にサビ抜きで頼んで一部お持ち帰り。



とりあえずお刺身で食欲を刺激した後は、だんだんと配合飼料に戻していく為、配合飼料にお刺身のペーストをつけてピンセットで口まで運んで食べさせたり、いろいろ工夫しました。



そんなわけで、今年の冬眠は出来なかったけど、無理矢理冬眠させないで病院の先生の判断を仰いでほんとに良かったと思います。
元気でいてくれるのが一番です。





2012.12.23 Sunday 23:41
ニホンイシガメ comments(0)
歯型

うめ吉の
歯型だらけの
ズッキーニ





2012.12.23 Sunday 09:18
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】100g超えました!

うめ吉さん、順調に成長してます。
が、たま〜に手足にモヤモヤと水カビ病みたいなのが付いてしまうので、ときどきイソジン消毒をしてあげてます。



けど、最初の頃と比べたら、かなり手がかからなくなりました。
よく食べるというのは、とりあえず安心ですね。



左手の小指の爪も欠損していたのですが、まず再生することはないなんて、
何処かのサイトに書いてあったんですね。
けど、化膿しないように毎日消毒をしていたら、根元の組織が壊死しないでいてくれたらしく、ちゃんと生えてきてくれました。

過保護と笑う人もいるけれど、飼い始めたからには自然環境ではなく飼育環境下なのだから、ケアにも責任が伴うと思ってます。
それと、私達人間の寿命が延びたのも医療の発達によるものだと、まず素直に受け入れるべきかと思います。

さて、最近のうめ吉さんですが…



ついに100gを超えました!
うちに来て初めて計ったときが38g。
もう3倍近いですね(^-^)

今年は冬眠をさせようと思ってるので、栄養補給もラストスパート。
しっかり脂肪をつけさせて、冬に備えたいと思います☆



2012.09.20 Thursday 07:49
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】回復!

今日もうめ吉を病院へ連れていきましたところ、先生からOKを頂きました!
また様子がおかしかったら診ていただくという事で一旦おしまい♪

これから餌をたくさん食べる時期になるので、しっかり栄養を摂らせるようにとのこと。
ここでしっかり食べさせとかないと、甲羅が変形しちゃったりするんだそうです。

しかしまぁ、ひと安心…(^-^)
先生方にはめっちゃ感謝です☆


さて、最近のうめ吉さんはといいますと…

先日、近所のホームセンターで買ってきた植木鉢を、ついに半分に割ってシェルターを作ってやったんですね。



しばらくウロウロして観察していましたが…



このあと、いきなりシェルターに齧りついたので、慌てて取り出しました。
お腹空いてたわけでもなさそうなんだけど…

今はやっと慣れてくれて、上に登って脱走の機会をうかがったり、





見張りの任務についたりしています(笑)

先生に、大きく育ててくださいと言われました。
大きく育てたいし、長生きしてほしいと思います。



2012.07.08 Sunday 14:43
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】回虫駆除&誤飲疑惑 その後

この前、砂利の誤飲が心配…という記事を書きましたが。
その後、体重のグラフを見てみると、砂利を抜く前と抜いた後の体重の増加を比較して、勾配にそれほど差異は認められませんでした。



そんなわけで、二度目の通院まで、様子を見る事にしました。
あれからというもの、特に吐いたりする様子もなく、食欲も旺盛で、食後には自ら甲羅干しをするようになってくれました。

次の通院までの間、あたしは勉強です。



さて、二度目の通院。
残念ながら、回虫の卵はまだ見つかってしまいました。
尤も、回虫の卵は死なないらしく、孵化したところを駆虫薬で殺すしかないようなのです。
オノレ、回虫!
腹立つわぁ〜!!ヽ(`皿´)ノ

そして、心配していた砂利の誤飲ですが…
自分の思い込みであればレントゲン写真を撮ってもらうこともないかとは思ったのですが、ウチにきてから一度も中身を確認していなかったので、健康診断の意味も兼ねて、撮ってもらうことにしました。
夕方、結果を見せてもらいに行くと…
なーんにも写ってませんでした。
見えるのは骨と腸管だけ。
綺麗なもんでした。
つまり、亀の誤飲事故ではなく、あたしの心の病(笑)

飼育環境の写真をお見せしたところ、先生曰く、余程栄養状態の悪い亀でなければ、こういうもの(砂利)を食べるようなことは滅多にないそうです。
とりあえずひと安心。

ただ、骨の薄いのが少し気になるとのこと。
前回と同じ駆虫薬の他に、今回はビタミンD3などたくさんの栄養素の含まれた栄養剤も頂きました。



写真右側の真っ赤なのが、その栄養剤。
これはめちゃめちゃ薬品臭いので、水で少し薄めてから、乾燥した餌に染み込ませて食べさせます。
幸い、2〜3倍に薄めれば、普段通りに食べてくれるようでした。

丈夫に育ってくれ〜( ´ ▽ ` )ノ



大きく育てるか、丈夫に育てるか…とか。
好むエサ、体に良いエサ…とか。
先生は病気以外の事も、いろいろお話してくださいます。
元々あたしは生物学が大好きなので、動物病院へ行くのは、正直、とても楽しいです。
病気は困るけどね(^-^;)



2012.06.26 Tuesday 22:52
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】誤飲が心配…

こうやって心配なことばかり書いていると、亀の病気っていうより、あたしの心の病だと思われるかも知れないけれど(´д`;)
というか確かに心の病かも知れないけど(´д`;)
それならそれでいいんだ。
その方がいいんだ。
一応書いておくよ。


ニホンイシガメの水槽に底砂を敷くかどうか。

いろんなサイトを見ていると、
・誤飲の可能性があること
・汚れが溜まりやすくなること
などから、敷かない方がいいと書いてあることが多い。
私もそれが心配で、最初は敷かないでいたんだけども。
あまりに歩きづらそうで、途中から敷いてあげたんだわ。
けど、やはり心配になり、最近はまた、底砂なしの水槽にしてる。


便秘の原因が、底砂の誤飲だったら…
(´-ω-`)

ふと気になることが。

うめ吉専用体重計(お料理用のはかり)を買って間もない6/3のこと。
初めて計った体重は38gだった。
ところが、その約1週間後の6/11には、なんと43gになっていた。

そのときはやっと餌をよく食べるようになり、ウンチもするようになって安心していたので、
もう5gも増えた!
この前はお腹が空っぽだったんだな…
と喜んでた。

けれども、さらに5日後の6/16(うちに来てからちょうど1ヶ月目)に計ったときには44gと、さほど変化がなかった。

前々回に書いたけれども、6/16には吐いてしまい、そのあとまた体重を計ったら43g。
さっきまた計ったけど、やっぱり44gなんだ。

今考えてみると、いくら初めの頃餌を食べなかったからとはいえ、いきなり5gなんて増えるハズないかもしれない。

恐れていた、底砂の誤飲かもしれない。

そこで、5gの底砂とはどのくらいの量なのかを計ってみた。



こんな大量だった。

うーん…
どうなんだろう。
2〜3個ならいざ知らず、これはさすがにないだろうとは思うけども。
すぐにレントゲン写真を撮ってもらうべきだろうか。

ただ一つ望みがあるのは、6/3はあたしが泥酔の二日酔いの日で、しかも亀の体重を計るのは初めてだったから、計り方を間違えたかも知れないという、、、
無茶苦茶な理論だけれども。
誤飲でないことが確認できるまで、そのぐらいしか希望がない。

とにかく、明日の朝、体重の変化の件を、病院に電話してみようと思う。
今夜もまた、うなされそうだな(´д`;)



2012.06.19 Tuesday 21:39
ニホンイシガメ comments(0)
【うめ吉】初めての通院

今朝、散々悩んだ挙句、病院へ連れていくことを決心しました。

うめ吉に寄生虫がいて、中が食い潰される恐ろしい夢を見たのです(´д`;)

月曜日から休むのは心象が悪いかなと思ったけど、明日火曜日には上司に頼まれた会議への出席があるので、動くなら今日!

自分の中でいくつか候補に挙がっていた世田谷区内の動物病院のうち、上町の動物病院を選びました。
クチコミのサイトには、先生の腕は確かだけど口調がちょっとキツイとか、気の弱い飼い主さんには向かないかも…というような書き込みがあったけど、あたしに気を遣うサービス業の人ではなく、信頼できるお医者さまに診てもらいたいから。

病院に電話をしたところ、予約は必要なしとのこと。
プラスチックのカブトムシ用のケースに薄く水を張り、予備としてカルキを抜いた水をペットボトルに詰めて出掛けました。

世田谷線の中でケースを覗き込むと、うめ吉はずっとあたしのほうを見上げてました。
地理に強い亀さんだもの、どこへ連れてかれるの!?って思ってたよね、きっと…

病院に着くと、カルテに飼い主の名前と連絡先、ペットの名前、誕生日はわからないので飼い始めた日、などを書きます。
その後受付で問診。
普段食べている餌、室内か屋外か、水温、室温、現在の症状などを聞かれました。
念の為、先日までの皮膚病の件も伝えました。

院長先生が待合室までうめ吉を迎えにいらっしゃいました。
ケースごとお渡ししたところ、ケースの中にたくさんウンチをしていました。

院長先生が若い先生に指示をして、ケース内のウンチを調べるように言ってくださり、院長先生は体重を計ったり生体の診察をしてくださいました。

発育状態は悪くないとのこと。
生体そのものは順調に育っているとの事でしたが…

ウンチのほうから、寄生虫らしきものが見つかったので、16時頃まで預かっても良いかと。
もちろんお願いしました。
そして夕方お迎えに行く前に電話をすると…
「回虫でした」
って。。。
駆虫はやはり薬を飲ませるしかないようで。
1時間後に迎えに行きました。

わりと元気に泳いでいました。
目薬の瓶に入った、一日分のお薬を頂きました。
明日じゅうに、この全量を飲ませるようにと。

直接口に入れられればそれでも良いのだけど、それが難しければ、朝の餌のときにやる方法として、例えば海老の頭を取って中に薬を入れるとか、乾燥した飼料に染み込ませてやるとか、、、お忙しい中、いろんなヒントをくださいました。

それと、アドバイスも頂きました。
飼育環境の温度も、そんなに高くしなくて良いと。
「日本の亀だから。日本の四季を教えてやりましょうよ。」
というお言葉が印象的でした。

また、子亀のうちは病気になりやすいという話を聞き、心配だということを話すと、
「それはその通りだけれど、あんまり過保護になり過ぎると、いつまでも心配していなきゃいけないよ。」
というお言葉も頂きました。

(会社がサマータイムに入ってしまったため、)朝、会社へ行く前に餌をやりたいけれど、5時台に外に出してもまだ寒いし…と相談したら、うちも今はヒーターを使っている、梅雨が明けたら外すつもり、というようなこともお話ししてくださいました。

おっしゃることの全てが目からウロコで、なんだか心強くて、ホッとしました。

終始にこやかにお話してくださって、回虫のことや感染経路についても教えてくださいました。
あたしが回虫に少し興味を示したら、診察室へ招き入れて顕微鏡で卵を見せてくださったり。
めっちゃ誠実な良い先生だと思いました。

明日はうめ吉にお薬を飲ませます。
そして、一週間後にまた通院です。



うめ吉さん、お疲れさま。
頑張ろうね!



2012.06.18 Monday 23:40
ニホンイシガメ comments(2)
1/2PAGES >>