永遠の少年もっきーの、
主観的で個人的な日記です。
土足厳禁!!
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
ついったー
ブクログ
ヘルスプラネット
お得意様ランキング

あなたのサイトにリンクを張って、たくさんのお客さんを連れて来てくれると、上位にランキングされます☆いっぱいリンク張ってね♪
俳句ブログ
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
八丈島-014 お風呂上がりの明日葉茶
リード・アズーロさんでお風呂上がり



やっぱり明日葉!



つづく


2015.11.25 Wednesday 11:06
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-013 リード・アズーロ
1泊目は、リード・アズーロさんに泊まりました。
民宿って泊まったことがなかったので、初めての土地ではまずはホテルで。



一人旅だけどツインです。



腹筋。



久しぶりにボーッとする時間。
積極的にボーッとする時間。
星の王子様を読んだりしていました。

そしてお夕飯。






つづく


2015.07.19 Sunday 10:41
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-012 歴史民俗資料館5
タコノキ。





フィリピンと日本のMIXくらいな感じです。



さて、初日は見学でほぼ終わり。
風が強くて2日目の八丈富士登山はやめた方が良いと言われました。
どうしましょうかね〜



つづく



2015.07.19 Sunday 10:29
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-011 歴史民俗資料館4
最初は、「流民の島」というのがよくわかっていませんでした。

罪を犯した人って、どんな人たちなのかとか。
どんな罪だったのかな、とか。

けれど、八丈島へ行って、まず、植物園や資料館を見学して、島の概要を少し勉強したわけですが、とんでもないことがわかりました。

ここに流された人達は、これを読んでくれているあなたよりも、もちろん、こんな文しか書けない私よりも、ずっとずっと位が高くて、教養もあって、優秀な人達だったのです…



だから、島には、芸術も文化も、素晴らしいものがたくさん残っていて、心豊かに暮らしている人達がたくさんいます。

私の心の中にある「日本」は、むしろここにありました。







つづく


2015.07.19 Sunday 10:09
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-010 歴史民俗資料館3
椿油コーナー









つづく…


2015.07.19 Sunday 10:05
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-009 歴史民俗資料館2

歴史民俗資料館の続きです。

1人作戦会議を開いていると、おじさんがある入ってきました。
どうやら、職員の方のようです。
1便で来たんですか?
2便はさっき旋回してたけど…
初めてですか?
などなどいろいろ話しかけてくださって、館内のガイドをしてくださいました。



こういうの、好きです。



もう、理系も文系も人間が後から都合良く分けただけだよなって、思うよね。






…と、まぁ、しばらく続きます。



2014.09.21 Sunday 11:54
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-008 歴史民俗資料館1

実は、ここのことを書くのは結構大変なので、時間が掛かってました。
写真も何百枚もあって…
何を書いて何を省くか、なんて、なかなか決められないよね。
かといって、全部も書けないし。

ここでの目的は、八丈島の歴史や文化を知ることで見どころがわかるんじゃないかということで、限られた時間を有効に使う作戦を立てることです。

振り返ればそこには八丈富士。



少しずつ、八丈を知っていきます。

近藤富蔵翁歌碑



12月末で寒いのに、何処かしらやはり南国の雰囲気…





館内に足を踏み入れると、まず目についたのが、ウミガメやらイセエビやら。





黒潮に乗ってきた漂着物も多数ありました。
ビジターセンターにあったものと多少かぶりますが、とにかくたくさん漂着するんだなということはよくわかります。

こちらは溶岩樹型。





八丈島の成り立ちもザックリと。
まだまだなんとなく理系エリアです。



そして突然現れた酒甕。



ガラスケースに飾られていない、生活感が、なんだか逆にワクワクしてきます。

まだまだ理系エリアが続きます。
八丈風穴。の、これはレプリカです。





さて、いよいよ全体像に迫ります。
一人企画会議です!



→つづく




2014.07.18 Friday 08:40
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-007 心月(ココムーン)

八丈島の生き物について勉強したあとは歴史や文化について
…と、その前に腹ごしらえ!

八丈島に来たら明日葉(アシタバ)でしょう!ということで、あしたばパスタの食べられる、ココムーンさんへ向かいました。
12月の寒い八丈島で、少しでも南国気分を味わいたくて。

ここで重要なのは、まだ運転に慣れていないということなんですが(^◇^;)
カーナビなんて付いてないので、地図で大体の場所をチェックして、GO!
まぁ、この季節の八丈島の道はすごく空いてましたから、練習にはピッタリです。

一度通り過ぎて、むむっ!?と二度見して戻りました。
ココムーンさんの駐車場。
車を停めたのはいいけど、お店はどこ??と、思ったら、道の反対側にありました。

ココムーンさんに着きました。



民家っぽい…
いい感じ…



そして早速オーダー。
ウニとかカニとかいろいろ気になるけど、ここはやっぱり、あしたばパスタを。
島でいただく最初のご飯。



こちら、ジェノベーゼのアシタバ版といった感じだけど、このパスタで一気に明日葉ファンになってしまいました。

そして、大好きなパッションフルーツのジュースを。



初めての八丈島、この先も良い事ありそうな、そんなランチでした!




2014.04.15 Tuesday 08:20
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-006 八丈島植物園の温室

八丈島自体が南国のイメージだったけど、12月の八丈島は案外寒く、温室はありがたかったです(笑)
しばし、たくさんのお花を観察しました。





いろんなお花を見て、写真を撮ってるとき、ふと視界に、馴染みのある植物が…
巨大レタスのような…



あっ!!!



間違いない!!



お父さんの家の庭のマンゴーの木にくっ付いてるあいつだ…
上の方がレタスみたいで下の方が水菜みたいな、あいつだ…

この植物、他の木にくっ付いて生きていくタイプの植物なんです。
こんなところで再会できるとは思わなかった!!

そして、コーヒーの木はもちろん、


カカオの木なんかもありました。


フィリピンで見たような南国植物たち、とりあえずここで会えました。
外はものすごい突風が吹いていたんだけども。

(つづく)



2014.04.07 Monday 18:00
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
八丈島-005 ビジターセンターにて

今回は完全に冬だったので、丸腰の私は、海に入るつもりが最初からありませんでした。

海の生き物については、ビジターセンターでの勉強に留めることに。



どーん。

建物に入ると、いきなり海の生き物がお出迎え!
小さなウミウシがたくさんいました。
ここでじっくり見てたら、施設の人が出てきて、いろいろ教えてくれました。

そして、ここの生物以外の話以外でも、耳石の話や、ヒザラガイ(タバンコウ)の話で盛り上がり、いきなり楽しい時間を過ごしました。

八丈島はアカコッコが有名ですが、鳥たちはとりあえず声だけ。



蝶なんかも、もちろんたくさんいます。



漂着種子は、南の島の楽しみのひとつ。
フィリピンに住むお父さんも、漂着種子を集めています。
お父さんに見せてもらったことのあるゴバンノアシなんかもありました。





ウニの殻は集めたことあるけど、棘を集める発想はなかった!!
ちょっとやってみたくなりますね。



漂着物は、残念ながら種子だけではありません。
海の向こうの外国から辿り着いたゴミ達も… 韓国のアナゴ漁で大量に使われる罠(筒)がそのまま海に残され、ゴーストフィッシングと呼ばれる問題になっているそうです。



イルカは遊ぶのが大好きで、よく、背ビレを使ってキャッチボールをしているのだそう。
人間にも海のお土産をくれる事があるんだけど、この写真のレジ袋も、イルカがくれたものだそうです。
レジ袋に書かれたメッセージが…(>_<)



そんなこんなで、ビジターセンターを後にし、温室の見学へ行きました。

(つづく)



2014.03.04 Tuesday 19:05
八丈島一人旅(2013/12/20〜2013/12/23) comments(0)
1/2PAGES >>